醍醐味

【意味】 醍醐味とは、物事の本当の面白さ。深い味わい。神髄。

【醍醐味の語源・由来】

醍醐味は元仏教用語で、「醍醐」とは牛や羊の乳を精製した濃厚で甘みのある液汁。
仏教では乳を精製する過程の五段階を「五味」と言い、「乳(にゅう)」「酪(らく)」「生酥(しようそ)」「熟酥(じゅくそ)」の順に上質で美味なものとなり、最後の「醍醐」で最上の味を持つ乳製品が得られるとされた。
醍醐は純粋で最高の味であるところから、「醍醐のような最上の教え」として仏陀の教法に喩えられ、天台宗では「華厳時(けごんじ)」「阿含時(あごんじ)」「方等時(ほうどうじ)」「般若時(はんにゃじ)」「法華涅槃時(ほっけねはんじ)」とある五時経の「法華涅槃時」を最上の仏法として、「醍醐味」と呼ぶようになった。
そこから転じ、醍醐味は「本当の面白さ」や「神髄」を意味するようになった。

【関連語】

味(あじ) 味わい(あじわい) あっさり
ウシ・牛(うし) 甘い(あまい) うまい
刳い(えぐい) 美味しい(おいしい) 乙な味(おつなあじ)
面白い(おもしろい) 辛い(からい) グルメ
こく ご馳走・ごちそうさま こってり
渋い(しぶい) 旬(しゅん) 食指が動く(しょくしがうごく)
しょっぱい 真髄・神髄(しんずい) 酸っぱい(すっぱい)
チーズ 乳(ちち) 苦い(にがい)
ヒツジ・羊(ひつじ) 仏(ほとけ) 不味い・拙い(まずい)
まったり ミルク

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス