杜撰

【意味】 杜撰とは、いい加減なさま。誤りが多い著作物。

【杜撰の語源・由来】

杜撰の「杜」は、中国宋の杜黙(ともく)という詩人を表し、「撰」は詩文を作ることで、杜黙の作った詩は律(詩の様式)に合わないものが多かったという故事に由来するという、中国の「野客叢書(やかくそうしょ)」の説が有力とされる。
杜撰の「杜」は、本物でない仮の意味の俗語とする説や、「杜黙」以外の人名を表すという説もある。
日本には禅を通じて入ったとされ、古くは「ずざん(づざん)」と言われた。

【関連語】

曖昧(あいまい) 赤字(あかじ) あやふや
荒い・粗い(あらい) 粗を探す(あらをさがす) いい加減(いいかげん)
有耶無耶(うやむや) 上っ調子(うわっちょうし) 大雑把(おおざっぱ)
お座成り(おざなり) お茶を濁す(おちゃをにごす) おっちょこちょい
疎か(おろそか) がさつ 仮初(かりそめ)
画竜点睛を欠く 完璧(かんぺき) 几帳面(きちょうめん)
ぐうたら けじめ 弘法にも筆の誤り
ずぼら 粗悪(そあく) 粗忽(そこつ)
粗相(そそう) ぞんざい だだくさ
玉に瑕(たまにきず) だらしない 丹念(たんねん)
ちゃらんぽらん 丁重・鄭重(ていちょう) 丁寧(ていねい)
適当(てきとう) 捕らぬ狸の皮算用 丼勘定(どんぶりかんじょう)
等閑(なおざり) 投げ遣り(なげやり) 憖っか(なまじっか)
生半可(なまはんか) 二の舞(にのまい) バブル経済(けいざい)
ふしだら 不束(ふつつか) 無造作(むぞうさ)
綿密(めんみつ) 忽せ(ゆるがせ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

杜撰(ずさん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
杜撰の意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス