図に乗る

【意味】 図に乗るとは、調子に乗る。つけあがる。

【図に乗るの語源・由来】

図に乗るの「図」とは、仏教の法会などで僧が唱える声楽『声明(しょうみょう)』の転調のことである。
この転調は難しかったため、調子がうまく変えられることを「図に乗る」と言った。
そこから、調子に乗ることを言うようになり、「つけあがる」という意味に変化した。
「頭に乗る」と表記されることもあるが、意味が変化した後の当て字と考えられる。

【関連語】

頭(あたま) 厚かましい(あつかましい) いけしゃあしゃあ
居丈高(いたけだか) 井の中の蛙大海を知らず 威張る(いばる)
自惚れ・己惚れ(うぬぼれ) 海千山千(うみせんやません) 偉い(えらい)
横柄(おうへい) おこがましい 驕る(おごる)
嵩にかかる(かさにかかる) 傲岸(ごうがん) 厚顔無恥(こうがんむち)
高慢(こうまん) 声(こえ) これ見よがし(これみよがし)
自画自賛(じがじさん) したり顔(したりがお) 図々しい(ずうずうしい)
図に当たる(ずにあたる) 図太い(ずぶとい) 高飛車(たかびしゃ)
蛇足(だそく) 手前味噌(てまえみそ) 天狗(てんぐ)
どや顔(どやがお) 能書き(のうがき) 跋扈(ばっこ)
鼻に掛ける(はなにかける) ふんぞり返る(ふんぞりかえる) 坊主(ぼうず)
夜郎自大(やろうじだい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス