ずんだもち

【意味】 ずんだもちとは、茹でた枝豆をすり潰し、砂糖と塩で味付けした美味しい餡をからめた餅。

【ずんだもちの語源・由来】

「ずんだ」の語源は、豆を潰す意味の「豆打(ずだ)」が訛ったもの。
仙台藩伊達政宗公の陣中で、太刀で枝豆をすり潰されたことが起源とも言われ、その由来から「陣太刀」が変化し「ずんだ」になったとする説もある。
また、地域によっては「じんだ」「じんだん」とも言うため、「甚太」という人が作ったとする説もあるが、陣太刀説も甚太説も有力とはされていない。
本来は、宮城や山形を中心とした東北地方のお盆料理であるが、お店では仙台名物として一年中販売されている。

【関連語】

安倍川餅(あべかわもち) 飴(あめ) 餡(あん)
あんころ餅(あんころもち) 鶉餅(うずらもち) 枝豆(えだまめ)
御萩(おはぎ) お盆(おぼん) 鏡餅(かがみもち)
掻き餅(かきもち) 柏餅(かしわもち) 鹿の子餅(かのこもち)
砂糖(さとう) 塩(しお) 擂粉木(すりこぎ)
善哉(ぜんざい) 雑煮(ぞうに) 大豆(だいず)
大福(だいふく) 太刀(たち) 団子(だんご)
粽(ちまき) 牡丹餅(ぼたもち) マメ・豆(まめ)
饅頭(まんじゅう) 餅(もち) モナカ・最中(もなか)
蕨餅(わらびもち)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス