頭陀袋

【意味】 頭陀袋とは、いろいろな物が入るような、だぶだぶした大きな布製の袋。「ずた袋」は誤り。頭蛇袋。

【頭陀袋の語源・由来】

頭陀袋の「頭陀(ずだ)」は、「捨てる」「落とす」を意味する梵語「Dhuta」の音訳で、衣食住に関する欲望を払い、修行・行脚する意味の言葉である。
頭陀行を行う僧が経文や衣服などを入れ、首にかけて持ち歩く袋を「頭陀袋」という。
時代が下るにつれ、頭陀袋には仏具や行でもらった物が入れられるようになった。
そこから、雑多な品物を入れる袋のことを「ずだ袋」と呼ぶようになった。
後世以降、修行の旅に出るという意味から、仏式で死者を葬るとき、首にかける袋も「頭陀袋」というようになった。

【関連語】

アタッシュケース 行脚(あんぎゃ) 大きい(おおきい)
籠・駕籠(かご) カバン・鞄(かばん) 蝦蟇口(がまぐち)
キスリング 巾着(きんちゃく) 首・頸(くび)
財布(さいふ) セカンドバッグ 旅(たび)
デイパック トートバッグ トランク
ナップサック 布(ぬの) 箱(はこ)
バッグ バックパック 袱紗・帛紗・服紗(ふくさ)
袋・嚢(ふくろ) ブリーフケース 風呂敷(ふろしき)
葬る(ほうむる) ポーチ(小物入れ) ポシェット
ボストンバッグ ポチ袋(ぽちぶくろ) 仏(ほとけ)
ランドセル リュックサック

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス