図星

【意味】 図星とは、急所。狙ったところ。思惑などが想像していたとおりであること。

【図星の語源・由来】

図星は、矢の的の中心に描かれた黒点のこと。
この図星を狙って弓で矢を射るところから、急所や狙いどころの意味となり、思惑や指摘などがぴたりと当てる意味でも用いられるようになった。

【関連語】

当たる(あたる) 案の定(あんのじょう) 思惑(おもわく)
要(かなめ) 急所(きゅうしょ) 黒(くろ)
肯綮に中る(こうけいにあたる) ズバリ 正鵠を射る(せいこくをいる)
ドンピシャ 狙う(ねらう) 星(ほし)
的(まと) 的を射る(まとをいる) 矢(や)
弓(ゆみ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス