ずぼら

【意味】 ずぼらとは、行いや態度にしまりがなく、だらしのないこと。きちんとしていないこと。また、そのさま。

【ずぼらの語源・由来】

ずぼらは、近世の上方の方言で「ずんべらぼん」「ずんぼらぼん」「ずんぼらぼん」など、凸凹(でこぼこ)や突き出した部分がなく、「つるつるなさま」「のっぺりとしたさま」を表した言葉が語源。
これらの言葉は、大坂堂島で米相場がずるずる下がることを言ったため生まれた言葉といわれる。
また、「ぼら」という語は、方言で「体が大きい割に気が利かない」や「馬鹿者」の意味で使う地方も多く、「ずぼ」を「大きい体」や「嘘」の意味で用いる地域もあり、上方方言の「ずぼら」や「ずんべらぼん」などは、これらの言葉と同源と考えられる。
江戸末期には、修行を怠けたり酒に溺れる坊主が目立つようになったため、そのような坊主を庶民は嘲笑って「ぼうず」を「ずぼう」と逆に読み、「ずぼう」が「ずぼら」に変化したという説もあるが、有力な説とされていない。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス