ズボン

【意味】 ズボンとは、二股に分かれ、足を片方ずつ包む衣服。

【ズボンの語源・由来】

フランス語「jupon(ジュポン)」から。
juponは女性がスカートの内側に履くペチコートのことで、男性が身にまとうゆったりとした衣服をいうアラビア語「djubba」に由来する。
幕臣の大久保誠知が「ずぼんと足に入る」と言ったことから、「ズボン」になったとする説もあるが、この語が成立した後に生まれた洒落である。
ズボンは幕末から明治にかけて急速に用いられるようになり、漢字も「洋袴」「段袋」「細袴」「股袴」「下袴」「袴服」「穿袴」「短袴」「服筒」「下服」とさまざまな表記がされた。

【関連語】

足・脚・肢(あし) おしめ オムツ・御襁褓(おむつ)
学ラン(がくらん) キュロット 靴下(くつした)
ジーパン ジーンズ 地下足袋(じかたび)
ジッパー スカート ステテコ
スラックス スリップ 背広(せびろ)
ソックス タキシード 足袋(たび)
チャック デニム 袴(はかま)
履く・穿く(はく) パンタロン パンツ
ファスナー ファッション ブルマー
ペチコート 股(また) 股引(ももひき)
もんぺ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス