雀寿司

【意味】 雀寿司とは、小鯛(こだい)を背開きにし、腹中にすし飯を詰めたもの。大阪・和歌山の名物。すずめ鮨。すずめ寿司。

【雀寿司の語源・由来】

雀寿司は、現在では小鯛を用いるのが普通であるが、元々はボラの幼魚「江鮒(えぶな)」を開いて腹にすし飯を詰めたものであった。
すし飯を詰めて膨らんだ腹や、ピンと張ったヒレの形がスズメに似ていることから、この名が付いた。
江戸前期の俳書『毛吹草』(1645年刊)には、大阪名物として江鮒を用いた「雀鮨」が紹介されている。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス