スズメ

【意味】 スズメとは、スズメ目ハタオリドリ科の小鳥。頭部は赤茶色。背は赤褐色で黒斑がある。

【スズメの語源・由来】

スズメの「スズ」は、その鳴き声か、小さいものを表す「ササ(細小)」の意味。
「メ」は「群れ」の意味か、ツバメ・カモメなど「鳥」を表す接尾語である。
現代では、鳴き声が「チュンチュン」と表現されるが、平安時代から室町時代までは「シウシウ」、江戸時代から「チーチー」「チューチュー」と表現され、「チュンチュン」へと移り変わっている。
古代のサ行は「si」ではなく「ts」の音であったといわれ、「シウシウ」は現在の「チウチウ」に近い音であったと考えられている。
「スズ」は第二音節が清音で「ススメ」「ススミ」と呼ばれていたため、「シウシウ(チウチウ)」という鳴き声を写したものが「スス」と考えても不自然ではない。
また、小さい意味の「ササ」は「ススキ」の語源にも通じ、身近にいる小鳥であることから、「ササ(細小)」の説も考えられる。

【関連語】

アオジ・蒿雀・青鵐(あおじ) 赤(あか) アコウ・榕・雀榕(あこう)
頭(あたま) アトリ・花鶏(あとり) イワヒバリ・岩雲雀(いわひばり)
ウグイス・鶯(うぐいす) ウミスズメ・海雀(うみすずめ) エナガ・柄長(えなが)
燕雀(えんじゃく) オヤマスズメ・御山雀 カエデチョウ・楓鳥(かえでちょう)
楽屋雀(がくやすずめ) カモメ・鴎(かもめ) カラス・烏(からす)
カワガラス・河烏(かわがらす) キバシリ・木走り(きばしり) キンランチョウ・金襴鳥
クジャク・孔雀(くじゃく) 黒(くろ) 下馬雀(げばすずめ)
コウライウグイス・高麗鶯 声(こえ) ゴジュウカラ・五十雀
コトドリ・琴鳥(ことどり) サンショウクイ・山椒喰 シジュウカラ・四十雀
シャカイハタオリ・社会機織 ススキ・薄・芒(すすき) スズメウリ・雀瓜(すずめうり)
スズメガ・雀蛾(すずめが) スズメガイ・雀貝(すずめがい) スズメガヤ・雀萱(すずめがや)
雀口(すずめぐち) 雀鮨・雀寿司(すずめずし) スズメダイ・雀鯛(すずめだい)
スズメノエンドウ・雀野豌豆 スズメノオコゲ・雀の苧小笥 スズメノカタビラ・雀の帷子
スズメノケヤリ・雀の毛槍 雀の巣も構うに溜まる 雀の千声鶴の一声
スズメノタゴ・雀の田子 スズメノチャヒキ・雀の茶挽 スズメノツボ・雀の壺
スズメノテッポウ・雀の鉄砲 雀の涙(すずめのなみだ) スズメノハカマ・雀の袴
スズメノヒエ・雀の稗 スズメノマクラ・雀の枕 スズメノヤリ・雀の槍
スズメバチ・雀蜂(すずめばち) 雀百まで踊り忘れず 雀開き(すずめびらき)
スズメフグ・雀河豚(すずめふぐ) 背・背中(せ・せなか) セキレイ・鶺鴒(せきれい)
雀斑(そばかす) タイヨウチョウ・太陽鳥 竹に雀(たけにすずめ)
小さい(ちいさい) チメドリ・知目鳥(ちめどり) 茶色(ちゃいろ)
ツグミ・鶫(つぐみ) ツバメ・燕(つばめ) ツミ・雀鷂・雀鷹(つみ)
テンニンチョウ・天人鳥 闘雀人を恐れず トリ・鳥(とり)
泣く・鳴く・啼く(なく) ニュウナイスズメ・入内雀 ニワシドリ・庭師鳥(にわしどり)
ハタオリドリ・機織鳥 ハチスズメ・蜂雀(はちすずめ) ハナドリ・花鳥(はなどり)
ヒタキ・鶲・火焼(ひたき) ヒバリ・雲雀(ひばり) ヒヨドリ・鵯(ひよどり)
フウチョウ・風鳥(ふうちょう) ベニスズメ・紅雀(べにすずめ) ホオジロ・頬白(ほおじろ)
マージャン・麻雀(まーじゃん) マネシツグミ・真似鶫 ミソサザイ・鷦鷯(みそさざい)
ミツスイ・蜜吸(みつすい) ムクドリ・椋鳥(むくどり) 群れ(むれ)
ムレスズメ・金雀花・群雀 メジロ・目白(めじろ) モズ・百舌・百舌鳥・鵙(もず)
ヤイロチョウ・八色鳥 ヨシワラスズメ・葦原雀 レンジャク・連雀(れんじゃく)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス