スズキ

【意味】 スズキとは、スズキ目スズキ科の海水魚。全長90センチ。体は細長く、側扁する。夏季には河川にも入る。出世魚のひとつで、成長するにしたがってコッパ・セイゴ・フッコ・スズキと呼び名が変わる。

【スズキの語源・由来】

スズキの語源は諸説あるが、魚類の中でも難解な名前のひとつで断定が難しい。
1.身が白くすすいだような魚なので、「すすぎ」が転じたとする説。
2.「スス」は「小さい」の意味で、口が大きい割に尾が小さすぎることからとする説。
3.勢いよく泳ぎ回る性質から、「ススキ(進き)」が転じたとする説。
4.磯釣りで捕獲される魚であることから、「イス(磯)」を重ねた「イスイス」に長さを表す「キ(寸)」がつき「イスイスキ」となり、「イス」の挟母音「イ」が脱落した「ススキ」が転じたとする説。
5.鱗がすすけたような色をしていることから、「ススキ(煤き)」が転じたとする説。
『古事記』にはスズキの名が「須受岐(すしゅき)」として見られるため、「ススキ」の音から辿って間違いないであろう。
スズキの漢字「鱸」の「盧」は「コンロのように丸い」と解されているが、鱗の黒さから「黒い」の意味で魚偏に「盧」とされたと思われる。
漢字の成り立ちが「黒」に由来するとれば、和名「スズキ」の由来も「ススキ(煤き)」の転と考えて良さそうであるが、様々な説があることからも解るとおり、スズキに対する捉え方は共通していないため、漢字の成り立ちを語源に考慮することはできない。

【関連語】

アカタチ・赤太刀(あかたち) アカメ・赤女(あかめ) アジ・鯵(あじ)
アマダイ・甘鯛(あまだい) アラ イカナゴ・玉筋魚(いかなご)
イサキ・伊佐木(いさき) イシダイ・石鯛(いしだい) イスズミ・伊寿墨(いすずみ)
磯(いそ) イトヨリダイ・糸縒鯛(いとよりだい) 海(うみ)
鱗(うろこ) 尾(お) 泳ぐ(およぐ)
川・河(かわ) キス・鱚(きす) キントキダイ・金時鯛
口(くち) 黒(くろ) コッパ
コバンザメ・小判鮫(こばんざめ) コンロ・焜炉(こんろ) 魚(さかな)
サバ・鯖(さば) シイラ シマイサキ・縞伊佐木
出世魚(しゅっせうお) 白(しろ) 漱ぐ・濯ぐ(すすぐ)
煤ける(すすける) 進む(すすむ) セイゴ
タイ・鯛(たい) ダイミョウサギ・大名鷺 タカノハダイ・鷹の羽鯛
タカベ タナバタウオ・七夕魚 小さい(ちいさい)
釣り(つり) テッポウウオ・鉄砲魚 テンジクダイ・天竺鯛
夏(なつ) ニベ ハタ・羽太(はた)
ハタハタ・鰰(はたはた) ヒメジ・非売知(ひめじ) フエダイ・笛鯛(ふえだい)
フエフキダイ・笛吹鯛 フッコ ブラックバス
ホタルジャコ・蛍雑魚 ボラ・鯔・鰡(ぼら) マナガツオ・真魚鰹(まながつお)
丸・円(まる) 身(み) ムツ
メジナ・目仁奈・眼仁奈 ユゴイ・湯鯉(ゆごい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス