座る

【意味】 座るとは、膝を折り曲げて腰を下ろす。ある地位や役に就く。

【座るの語源・由来】

座るは、落ち着いて動かないことを表す「据わる(すわる)」と同源。
「居ても立ってもいられない」と言うように、古く、「立つ」の対義語は「居る」であった。
平安時代末頃から、「居る」が「存在する」といった意味で多く用いられるようになったことから、他動詞「すう(据う)」が自動詞化した「すわる」が、「立つ」の対義語として用いられるようになった。
漢字の「坐」は「人+人+土」で、地面に尻をつけることを示している。
「座」の漢字は、「广(いえ)+坐」で、家の中で人が座る場所のことである。
「坐」が動詞、「座」が名詞として用いられたが、常用漢字では「座」に統一された。

【関連語】

胡座・胡坐(あぐら) 家(いえ) イス・椅子(いす)
居る(いる) 蹲る(うずくまる) カーペット
カウチ 屈む(かがむ) 掛ける・懸ける(かける)
畏まる(かしこまる) 茣蓙・蓙(ござ) 腰(こし)
薦・菰(こも) 座敷(ざしき) 座禅・坐禅(ざぜん)
褥・茵(しとね) しゃがむ 絨毯・絨緞(じゅうたん)
尻(しり) 据える(すえる) 正座・正坐(せいざ)
席(せき) ソファー 蹲踞(そんきょ)
畳(たたみ) 立つ(たつ) 端座・端坐(たんざ)
チェア 鎮座(ちんざ) 蹲う・踞う(つくばう)
土(つち) 膝(ひざ) 人(ひと)
踏ん張る(ふんばる) へたる ベンチ
筵・蓆・席・莚(むしろ) 床(ゆか)

【関連リンク】

「座る・坐る」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス