素敵

【意味】 素敵とは、心を引かれるさま。素晴らしいさま。素的。素適。

【素敵の語源・由来】

素敵は、江戸時代後期の江戸で俗的な流行語として、庶民の間で用いられ始めた。
当初は仮名書きが多く、「程度のはなはだしいさま」「並はずれたさま」といった意味で使われていた。
明治頃から現在の意味に限定され、「素的」という字が当てられるようになった。
大正頃から「素敵」の当て字が見られるようになるが、「素敵」が一般化したのは昭和に入ってからで、それまでは「素的」が多く使われていた。
素敵の語源には、「できすぎ(出来過ぎ)」の倒語「すぎでき」が変化した語とする説と、「すばらしい」の「す」に接尾語の「てき」が付いたものという説がある。
倒語は「すてき」と同じ江戸時代の江戸で流行したものなので、時代的には「できすぎ」の説も考えられるが、「できすぎ」から「すぎでき」といった部分的な倒語であることや、その後更に変化するなど非常に複雑であることから考え難い。
「すてき」が当初は「並はずれたさま」を意味していたことや、のちに「素的」の字が当てられていることから、一見「すばらしい」との関連性もないように見える。
しかし、「すばらしい」は元々「とんでもない」「ひどい」という意味で使われていた言葉で、同じように意味が変化したとすれば「すばらしい」の説は十分に考えられる。
「素敵」の漢字の由来は当て字なので解っていないが、「素敵」の他にも「素適」といった当て字もあることから、「かなわない」という意味が関係していると思われる。
「適わない」は「望みが実現しない」の意味、「敵わない」は「対抗できない」「勝てない」の意味で使われるため、「素晴らし過ぎて敵わない」という意味から「素敵」が使われるようになり、最も使われる当て字になったと考えられる。

【関連語】

圧巻(あっかん) 天晴れ(あっぱれ) イケてる
美しい(うつくしい) うまい エクセレント
美味しい(おいしい) 御の字(おんのじ) 敵・仇(かたき)
叶わない・適わない 完璧(かんぺき) グッド
グレイト 結構(けっこう) ゴージャス
心(こころ) 上等(じょうとう) 頗る(すこぶる)
素晴らしい(すばらしい) 絶妙(ぜつみょう) 双璧(そうへき)
巧み・匠・工(たくみ) 敵(てき) デラックス
とんでもない ナイス パーフェクト
甚だしい(はなはだしい) ピカイチ 酷い(ひどい)
ファンタスティック 別嬪・別品(べっぴん) 見事(みごと)
目覚しい(めざましい) 滅法(めっぽう) 立派(りっぱ)
ワンダフル

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

すてきの類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス