すし

【意味】 すしとは、酢で味付けした飯に、魚介類などの具をのせたり、混ぜ合わせたりした食品。

【すしの語源・由来】

すしの語源は「すっぱい」を意味する形容詞「酸し(すし)」の終止形で、古くは魚介類を塩に漬け込み自然発酵させた食品をいい、発祥は東南アジア山間部といわれる。
「酢飯(すめし)」の「め」が抜け落ちて「すし」になったとする説もあるが、飯と一緒に食べる「生成(なまなれ)」や、押し鮨の一種である「飯鮨(いいずし)」は、上記の食品が変化し生まれたもので、時代的にもかなり後になるため、明らかな間違いである。
すしの漢字には「鮓」「鮨」「寿司(寿し)」があり、「鮓」は塩や糟などに漬けた魚や、発酵させた飯に魚を漬け込んだ保存食を意味したことから、すしを表す漢字として最も適切な字である。
「鮨」の字は、中国で「魚の塩辛」を意味する文字であったが、「鮓」の持つ意味と混同され用いられるようになったもので、「鮓」と同じく古くから用いられている。
現代で多く使われる「寿司」は、江戸末期に作られた当て字で、「寿を司る(つかさどる)」という縁起担ぎの意味のほか、賀寿の祝いの言葉を意味する「寿詞(じゅし・よごと)」に由来するとの見方もある。

【関連語】

あがり(お茶) 洗い(あらい) アランチーニ
飯鮨・飯寿司(いいずし・いずし) 飯無し鮨(いいなしずし) 板前(いたまえ)
一夜鮨(いちやずし) 稲荷寿司(いなりずし) 祝い(いわい)
卯の花寿司(うのはなずし) 江戸前(えどまえ) 恵方巻き(えほうまき)
縁起(えんぎ) お愛想(おあいそ) 大阪鮨(おおさかずし)
オートミール お粥(おかゆ) おこわ
おじや お造り(おつくり) おにぎり
おむすび オムライス 粕・糟・滓(かす)
かっぱ巻き(かっぱまき) かやくご飯(かやくごはん) ガリ
カレー 腐り鮨(くさりずし) クッパ
軍艦巻き(ぐんかんまき) ゲソ・下足(げそ) 毛抜き鮨(けぬきずし)
杮寿司(こけらずし) 寿(ことぶき) 御飯(ごはん)
米(こめ) 魚(さかな) 刺身(さしみ)
サムゲタン 塩(しお) 仕出し(しだし)
信太寿司(しのだずし) シャリ・舎利(しゃり) ジャンバラヤ
醤油(しょうゆ) 酢(す) 簀(す)
助六寿司(すけろくずし) 鮨詰め(すしづめ) 雀鮨・雀寿司(すずめずし)
酸っぱい(すっぱい) 雑炊(ぞうすい) タタキ
粽(ちまき) チャーハン・炒飯 散らし寿司(ちらしずし)
司る(つかさどる) 釣瓶鮨(つるべずし) 鉄火巻き(てっかまき)
出前(でまえ) 店屋物(てんやもの) ドリア
トロ 丼(どんぶり) 七草粥(ななくさがゆ)
膾・鱠(なます) 馴れ寿司・熟れ鮨(なれずし) 握る(にぎる)
ネタ 海苔(のり) パエリア
バッテラ ハヤシライス ビーフストロガノフ
ビビンバ ピラフ 弁当(べんとう)
ムラサキ・紫(むらさき) 飯(めし) 目張り寿司(めはりずし)
弥助鮨(やすけずし) ライス リゾット
料理(りょうり) ロコモコ ワサビ・山葵(わさび)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

寿司(すし)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス