スルメイカ

【意味】 スルメイカとは、ツツイカ目アカイカ科スルメイカ亜科(スルメイカ科)のイカ。胴長約30センチ。胴(頭)の先に菱形のひれがある。刺身・イカそうめん・するめ・塩辛にする。

【スルメイカの語源・由来】

スルメイカは墨を吐き群れをなすところから、「スミメ・スミムレ(墨群)」の転であろう。
イカを乾燥させた食品の「するめ」を「スルメイカ」の語源とする説もあるが、「するめ」の語源が「スルメイカ」である。
スルメイカは、日本で最も親しまれているイカで、イカの全捕獲量の約80%を占めることから、「マイカ(真烏賊)」とも呼ばれる。
ただし、「マイカ」は「スルメイカ」に限らず、その地方で漁獲されるイカの中で重要なものを指すため、「コウイカ」「シリヤケイカ」「ケンサキイカ」なども「マイカ」と呼ばれる。

【関連語】

アオリイカ・障泥烏賊(あおりいか) アカイカ・赤烏賊(あかいか) あたりめ
イカ・烏賊(いか) カミナリイカ・雷烏賊 ゲソ・下足(げそ)
ケンサキイカ・剣先烏賊 コウイカ・甲烏賊(こういか) ゴトウイカ・五島烏賊
サクライカ・桜烏賊(さくらいか) 刺身(さしみ) サヤナガ・鞘長(さやなが)
塩辛(しおから) シリクサリ・尻腐(しりくさり) シリヤケイカ・尻焼烏賊
ジンドウイカ・陣胴烏賊 炭・墨(すみ) スミイカ・墨烏賊(すみいか)
スルメ・鯣(するめ) 素麺(そうめん) ダイオウイカ・大王烏賊
タコイカ・蛸烏賊(たこいか) ダンゴイカ・団子烏賊 ツツイカ・筒烏賊(つついか)
トビイカ・鳶烏賊(とびいか) ハナイカ・花烏賊(はないか) ハリイカ・針烏賊(はりいか)
ハリナシコウイカ・針無甲烏賊 鰭(ひれ) ボウズイカ・坊主烏賊
ホタルイカ・蛍烏賊 マツイカ・松烏賊(まついか) マツカサイカ・松笠烏賊
ミズイカ・水烏賊(みずいか) ミミイカ・耳烏賊(みみいか) 群れ(むれ)
モイカ・藻烏賊(もいか) モンゴウイカ・紋甲烏賊 ヤリイカ・槍烏賊(やりいか)
ユウレイイカ・幽霊烏賊

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス