するめ

【意味】 するめとは、イカの内臓を取り除き、乾かした食品。あたりめ。寿留女。

【するめの語源・由来】

スルメイカを干して乾燥させたところから付いた名。
ただし、ケンサキイカを使ったするめが最高級品とされているため、スルメイカを使ったするめは「二番するめ」で、ケンサキイカを使ったするめが「一番するめ」と呼ばれる(ヤリイカを「一番するめ」と呼ぶこともある)。
その他、シリヤケイカなどコウイカを使ったものは「甲付するめ」、外套(胴)を開かずに乾燥させるミズイカやアオリイカは「袋するめ」や「おたふくするめ」と呼ばれる。
日持ちが良いため「幸せが続く」という意味からや、イカの足は本数が多く「お金」は「お足」とも言ったことから、古くから縁起の良い食品として扱われ、結納など祝儀に用いられた。
結納品などに用いる際、「寿留女」と当て字表記され、「寿」は「長寿」「幸福」、「留」は「嫁ぎ先に留まる」、「女」は「良妻であるように」といった意味が込められている。

【関連語】

アオリイカ・障泥烏賊 アカイカ・赤烏賊(あかいか) 足・脚・肢(あし)
あたりめ イカ・烏賊(いか) 縁起(えんぎ)
御足・御銭(おあし) お多福(おたふく) 女(おんな)
数の子(かずのこ) 鰹節(かつおぶし) 金(かね)
カミナリイカ・雷烏賊 からすみ 乾かす(かわかす)
くさや ゲソ・下足(げそ) ケンサキイカ・剣先烏賊
コウイカ・甲烏賊(こういか) ゴトウイカ・五島烏賊 寿(ことぶき)
ごまめ 肴(さかな) サクライカ・桜烏賊
鮭とば(さけとば) サヤナガ・鞘長(さやなが) 幸せ(しあわせ)
塩辛(しおから) シシャモ・柳葉魚(ししゃも) シリクサリ・尻腐(しりくさり)
シリヤケイカ・尻焼烏賊 ジンドウイカ・陣胴烏賊 スミイカ・墨烏賊(すみいか)
スルメイカ・鯣烏賊(するめいか) そぼろ ダイオウイカ・大王烏賊
タコイカ・蛸烏賊(たこいか) タタミイワシ・畳鰯 田作り(たつくり・たづくり)
ダンゴイカ・団子烏賊 縮緬雑魚(ちりめんじゃこ) ツツイカ・筒烏賊(つついか)
妻(つま) 田麩(でんぶ) 嫁ぐ(とつぐ)
止まる・留まる・停まる トビイカ・鳶烏賊(とびいか) 生り節(なまりぶし)
ハナイカ・花烏賊(はないか) ハリイカ・針烏賊(はりいか) ハリナシコウイカ・針無甲烏賊
ビーフジャーキー 干鱈(ひだら) 袋(ふくろ)
ボウズイカ・坊主烏賊 干す(ほす) ホタルイカ・蛍烏賊
マツイカ・松烏賊(まついか) マツカサイカ・松笠烏賊 松前漬け(まつまえづけ)
ミズイカ・水烏賊(みずいか) ミミイカ・耳烏賊(みみいか) 目刺し(めざし)
モイカ・藻烏賊(もいか) モンゴウイカ・紋甲烏賊 ヤリイカ・槍烏賊(やりいか)
結納(ゆいのう) ユウレイイカ・幽霊烏賊

【関連リンク】

「するめ」「あたりめ」「さきいか」の違い

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス