すっぱい

【意味】 すっぱいとは、酸味がある。酸い。

【すっぱいの語源・由来】

名詞「酢(す)」の形容詞化。
塩味を「しょっぱい」と言うのと同じで、酢のような味であることを表す。
同じ意味の「酸い(すい)」という形容詞もあるが、「すっぱい」は「酸い」よりも含みを持たせた表現で、形容詞の語尾「い」を「っぱい」とすることで、そのような状態を帯びている意味を表し、酸い状態であることと、酸いに近い状態であることを表す。
「酸い」と「すっぱい」を比較して表現するとすれば、「酸い」が「酢のような味」を表し、「すっぱい」は「酢のような味っぽい味(「酢のような味」も含む)」ということになる。
このように含みを持たせた表現になっているため、梅干やレモンなど、「酢のような味」とは言い難いものに対しても形容できるのである。
「すっぱい」の「っぽい」と同系の表現には、「安っぽい」や「子供っぽい」の「ぽい」、「厚ぼったい」や「腫れぼったい」の「ぼったい」などがある。

【関連語】

味(あじ) 味わい(あじわい) あっさり
甘い(あまい) うまい ウメ・梅(うめ)
刳い(えぐい) 美味しい(おいしい) 乙な味(おつなあじ)
辛い(からい) グルメ こく
こってり サワー 塩(しお)
渋い(しぶい) しょっぱい 酢(す)
醍醐味(だいごみ) 苦い(にがい) ビネガー
不味い・拙い(まずい) まったり レモン・檸檬(れもん)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス