相撲

【意味】 相撲とは、相手を倒すか土俵の外に出すことで勝敗を決める競技。日本の国技とされる。

【相撲の語源・由来】

「争う」「負けまいと張り合う」を意味する動詞「すまふ(争ふ)」が名詞化して「すもう」になったか、「すまふ」の連用形「すまひ」がウ音便化されたと考えられる。
平安時代の辞書『和名抄』に「相撲 須末比」とあるように、古くは「すまひ」と呼ばれていたが、ウ音便化されたという確定的な文献がないため、「すまふ」と「すまひ」のどちらであるかは断定できない。
古代の「すまひ」は蹴りなども行われる力比べで、細かなルールはなかった。
『日本書記』の垂仁紀七年に野見宿禰(のみのすくね)と当麻蹶速(たいまのけはや)の対決記事があり、これが相撲の始まりとされる。
現代の相撲の基本様式は、平安時代に宮中で行われた「節会相撲(せちゑすまひ)」が恒例化したもので、室町時代末期に娯楽観覧のための職業相撲が発達し、現代の相撲興行の基礎ができた。

【関連語】

争う(あらそう) 大銀杏(おおいちょう) 大関(おおぜき)
角界(かくかい・かっかい) 歌舞伎(かぶき) 行司(ぎょうじ)
蹴る(ける) 剣が峰(けんがみね) 小結(こむすび)
三段目(さんだんめ) 四股・四股名(しこ・しこな) 十両(じゅうりょう)
序二段(じょにだん) 序の口(じょのくち) スポーツ
関取(せきとり) 関脇(せきわけ) 千秋楽(せんしゅうらく)
力(ちから) ちゃんこ鍋(ちゃんこなべ) 丁髷(ちょんまげ)
露払い(つゆはらい) はっけよい 褌(ふんどし)
前頭(まえがしら) 幕内(まくうち) 幕下(まくした)
横綱(よこづな) 力士(りきし)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス