すこぶる

【意味】 すこぶるとは、非常に。たいそう。大いに。

【すこぶるの語源・由来】

すこぶるの「すこ」は、「少し」の語根である「すこ」。
すこぶるの「ぶる」は、「大人ぶる」「もったいぶる」などの「ぶる」と同じく、いかにもそれらしい様子する意味の「振る」である。
本来は、語源どおりに「少し」「いささか」「ちょっと」の意味であったが、中世以降、「大いに」「かなり」などの意味に変化した。
すこぶるが正反対の意味に転じた原因は解っていないが、漢文訓読に用いられた語なので、そこで混乱が生じた可能性は高い。
「頗」は頭が一方に傾くことを表した漢字で、「かたよる」「かたむく」「公平でない」の意味がある。

【関連語】

頭(あたま) 聊か・些か(いささか) 痛く・甚く(いたく)
著しい(いちじるしい) いと 傾く(かたむく)
結構(けっこう) 随分(ずいぶん) 凄い(すごい)
少し(すこし) 凄まじい(すさまじい) 一寸・鳥渡(ちょっと)
途轍もない(とてつもない) 迚も(とても) とんでもない
激しい・烈しい(はげしい) 甚だしい(はなはだしい) 酷い(ひどい)
一際(ひときわ) 振る(ふる) 箆棒(べらぼう)
滅法(めっぽう) 勿体振る(もったいぶる) 物凄い(ものすごい)
やばい 余程(よほど)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス