すけべ

【意味】 すけべとは、好色なこと(さま)。そのような人にもいう。すけべえ。助兵衛。

【すけべの語源・由来】

すけべは漢字で「助平」と書き、本来の読みは「すけべい」である。
「好き」を洒落て擬人化して言った「好兵衛(すきべえ)」が転じて「すけべい」となり、現代では「スケベ」と言うことが多くなった。
「すけべい」は江戸時代に上方で使われ始めた語で、主に男性に対して用いられていたが、江戸中期には女性に対しても使われるようになった。

【関連語】

アバンチュール 嫌らしい(いやらしい) エッチ
エロス 男(おとこ) 女(おんな)
下種(げす) 好色(こうしょく) 交尾(こうび)
洒落(しゃれ) 好き(すき) セクハラ
セックス デバガメ・出歯亀(でばがめ) 人間(にんげん)
ハレンチ・破廉恥(はれんち) 卑猥(ひわい) ポルノ
淫ら・猥ら(みだら) 夜這い(よばい) 猥褻(わいせつ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス