推敲

【意味】 推敲とは、詩文の字句や表現を練り直すこと。

【推敲の語源・由来】

推敲は、以下の故事に由来する。
唐代の詩人賈島が、「僧は推す月下の門」という句を作っていたが、「推す(おす)」を「敲く(たたく)」にすべきか迷っているうちに、韓愈の行列に突き当たってしまった。
突き当たった理由を尋ねられた賈島は、相手が唐詩四大家の一人である韓愈と知り、逆に「推と敲のどちらが良いでしょう?」と質問したところ、韓愈は「敲にしたほうが良い」と助言したことから、詩文を考え練り直すことを「推敲」というようになった。

【関連語】

改める(あらためる) 現す・表す・顕す・著す(あらわす) 歌・唄・詩(うた)
推す(おす) 書く・描く・画く(かく) 考える(かんがえる)
漢字(かんじ) 校閲(こうえつ) 校正(こうせい)
言葉(ことば) 小説(しょうせつ) 叩く・敲く(たたく)
矯める・撓める(ためる) チェック 彫琢(ちょうたく)
綴る(つづる) テキスト 添削(てんさく)
直る・治る(なおる) 練る・錬る・煉る(ねる) 筆(ふで)
文・書(ふみ) ポエム 文字(もじ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス