【意味】 杉とは、ヒノキ科(スギ科)の常緑高木。日本特産の針葉樹で各地に植林される。材は建築・家具などにする。花粉はアレルギー(スギ花粉症)の原因となる。

【杉の語源・由来】

成長が早く長寿の大木であることから、「スクスクと生える木」の意味とする説。
真っ直ぐに伸びることから、「すぐ(直)な木」の意味とする説。
すくすく上へ伸びることから、「ススキ(進木)」とする説があり、ひとつに絞ることは難しいが、成長に由来することは間違いないであろう。
漢字の「杉」の「彡」は「三」の字が変形したもので、細かいものが沢山並んでいるさまを表し、「杉」は細かい針葉が沢山並んだ木を表している。
「椙」は「盛んに伸びる木」の意味から作られた国字で、「昌」は「盛ん」の意味。

【関連語】

アケボノスギ・曙杉 アスナロ・翌檜(あすなろ) アレルギー
アロマテラピー イトスギ・糸杉(いとすぎ) イブキ・伊吹(いぶき)
エンピツビャクシン・鉛筆柏槙 飫肥杉(おびすぎ) 木・樹(き)
北山杉(きたやますぎ) クサスギカズラ・草杉蔓 クロベ
コウヤマキ・高野槙(こうやまき) コウヨウザン・広葉杉 コノテガシワ・児手柏・側柏
サイプレス サワラ・椹(さわら) ジュニパー
シンパク・槙柏(しんぱく) スイショウ・水松(すいしょう) スギカミキリ・杉天牛
スギゴケ・杉苔(すぎごけ) スギナ・杉菜(すぎな) スギナモ・杉菜藻(すぎなも)
スギノリ・杉海苔(すぎのり) スギヒラタケ・杉平茸 セコイア
ヌマスギ・沼杉(ぬますぎ) ネズ・杜松(ねず) ネズコ・鼠子(ねずこ)
伸びる・延びる(のびる) ハイネズ・這杜松(はいねず) ハイビャクシン・這柏槙
生える(はえる) ヒノキ・檜・桧(ひのき) ヒムロ・姫榁(ひむろ)
ベイスギ・米杉(べいすぎ) ベイヒバ・米檜葉(べいひば) マツ・松(まつ)
真っ直ぐ(まっすぐ) メタセコイア

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス