すだれ

【意味】 すだれとは、細く割った葦や竹を、糸で編み連ねたもの。日よけや目隠しとして垂らす。

【すだれの語源・由来】

すだれは、「簀(す)」+「垂れ(だれ)」で、すだれを単に「す」と言うこともある。
「簀(す)」は、蒸籠(せいろう)や巻き寿司をつくる際に用いられる割り竹を並べて編んだもので、これは「すだれ」とも呼ばれる。
また、貴人や神仏の前に垂らすすだれは「御簾(みす)」と言う。
「簀(す)」の語源は、「隙」「透く」など「隙間があるもの」の多くに使われる「す」で、これらは全て同源と考えられる。

【関連語】

アーケード アシ・葦・蘆・葭(あし) アンブレラ
糸(いと) 御天道様(おてんとうさま) カーテン
隠す(かくす) 陰・蔭・翳・影(かげ) 傘・笠(かさ)
カッパ・合羽(かっぱ) かっぱ巻き(かっぱまき) 神(かみ)
蚊帳(かや) 格子(こうし) こうもり傘(こうもりがさ)
遮る(さえぎる) サンバイザー シェード
シャッター 障子(しょうじ) 簀(す)
鬆(す) 隙(すき) 透く・空く(すく)
寿司・鮨・鮓(すし) 涼しい(すずしい) 簀の子(すのこ)
蒸籠・蒸篭(せいろ) 太陽(たいよう) タケ・竹(たけ)
鉄火巻き(てっかまき) 天蓋(てんがい) テント
戸(と) ドア 帳・帷(とばり)
扉(とびら) 軒(のき) 暖簾(のれん)
パラソル 日(ひ) 光(ひかり)
庇・廂(ひさし) 日向(ひなた) 屏風(びょうぶ)
襖(ふすま) ブラインド ポーチ(玄関)
仏(ほとけ) 幌(ほろ) 幕(まく)
窓(まど) 蓑・簑(みの) 目・眼(め)
屋根(やね) 葦簀・葭簀(よしず) ランプシェード

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「簾(すだれ)」と「葦簀(よしず)」の違い・使い分け - 違いがわかる事典
簾(すだれ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス