すべからく

【意味】 すべからくとは、当然。多くは下に「べし」を伴ない、是非ともしなければならない気持ちを表す。

【すべからくの語源・由来】

すべからくは、動詞「す(為)」に助動詞「べし」が付いた「すべし」が、ク語法で「すべからく」となった語。
ク語法は、活用語の語尾に「く」「らく」が付いて名詞化する語法であるため、本来は「すべきであること」という名詞句になるが、副詞的に用いられて「当然」「是非とも」の意味になった。
元々は、「須・応」を「すべからく○○べし」と再読した漢文訓読に由来する。
近年、「すべて」の意味で使用される例が多く見られるが、「すべて」といった意味は含まれておらず誤用である。

【関連語】

折り入って(おりいって) 必ず(かならず) きっと
呉々も(くれぐれも) 殊更(ことさら) 全て・総て・凡て(すべて)
為る(する) 是非とも(ぜひとも) 達ての(たっての)
どうしても 当然(とうぜん) 取り分け(とりわけ)
就中(なかんずく) 何卒(なにとぞ) なるべく
無論(むろん) 勿論(もちろん) 専ら(もっぱら)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス