【意味】 酢とは、酢酸を含む酸味のある液体調味料。醋。酸。

【酢の語源・由来】

口に含んだときにスッとする感覚の「す」であろう。
「すずしい」や「すがすがしい」の「す」を語源とする説もあるが、口に含んだ時の感覚を「すがすがしい」や「すずしい」と形容した説なので、ひとまとめにスッとする感覚と捉えて良いであろう。
酢の起源は、紀元前5000年頃の古代バビロニアの記録にも残っているように世界的には古いもので、日本へは4~5世紀頃に中国から伝来したが、江戸時代までは製法が広まっておらず、上流階級のものであった。
江戸時代以降は庶民の手にも届くようになり、味噌や醤油とともに普及していった。

【関連語】

塩梅・按排・按配(あんばい) カボス・香母酢(かぼす) ガリ
ケチャップ 麹(こうじ) 米(こめ)
酒(さけ) 砂糖(さとう) 塩(しお)
醤油(しょうゆ) 清々しい(すがすがしい) 寿司・鮨・鮓(すし)
涼しい(すずしい) スダチ・酢橘(すだち) 酸っぱい(すっぱい)
ソース タバスコ ドレッシング
膾・鱠(なます) 饅(ぬた) バルサミコ
ビネガー ブドウ・葡萄(ぶどう) ポン酢(ぽんず)
味噌(みそ) 味醂(みりん) 諸味(もろみ)
ユズ・柚子(ゆず) リンゴ・林檎(りんご)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス