ストロンチウム

【意味】 ストロンチウムとは、周期表2族元素(アルカリ土類金属)の一。元素記号「Sr」 原子番号38。原子量87.62。銀白色のやわらかい金属。水と激しく反応して水酸化ストロンチウムを生成する。花火などに使用する。

【ストロンチウムの語源・由来】

ストロンチウムは英語「strontium」からの外来語。
この元素を含む鉱物が最初に発見された地が、スコットランドの「ストロンチアン(Strontian) 」なので、「ストロンチウム(strontium)」と名付けられた。
「strontium」の「-ium」は、「magnesium(マグネシウム)」や「calcium(カルシウム)」などと同じく、元素名につけられる接尾語である。

【関連語】

アルカリ アルミニウム イオン
カルシウム 銀(ぎん) 白(しろ)
バリウム ベリリウム マグネシウム
水(みず) ラジウム

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス