草履

【意味】 草履とは、藁・藺・竹皮などを編んで、鼻緒をすげた履物。ビニール・ゴム・コルク・ウレタンなどで作ったものがある。じょうり。

【草履の語源・由来】

草履は、古代中国で藁の履物を表した語。
日本で「草履」の語が見られるのは、奈良時代の『西大寺資材流記帳』が古い。
平安時代の辞書『和名抄』には「草履 佐宇利」とあり、『日葡辞書』では「ジャウリ」と読ませている。
「サウリ」と呼んでいたものが、「ジャウリ(じょうり)」、「ザウリ(ぞうり)」に転じたのであろう。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 編む(あむ) イグサ・藺草(いぐさ)
ウレタン 皮・革(かわ) かんじき
草(くさ) 靴・沓・履(くつ) 靴下(くつした)
下駄(げた) ゴム コルク
サンダル 地下足袋(じかたび) 挿げる・箝げる(すげる)
ズック スニーカー スリッパ
雪駄(せった) ゾウリエビ・草履海老(ぞうりえび) ゾウリムシ・草履虫(ぞうりむし)
ソックス タケ・竹(たけ) 足袋(たび)
履く・穿く(はく) 跣・裸足(はだし) 鼻緒(はなお)
パンプス ビニール ブーツ
ミュール 藁(わら) 草鞋(わらじ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

「下駄」と「草履」と「雪駄」と「わらじ」の違い・見分け方 - 違いがわかる事典
草履(ぞうり)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス