雑煮

【意味】 雑煮とは、餅を入れた汁物。主に正月の祝い膳に用いる。地方によって、あしらう具や汁の調味、餅の形などさまざま。

【雑煮の語源・由来】

雑煮は、当初、正月料理に限定されるものではなかったが、室町時代の武家社会において祝い膳として出されるようになり、正月料理となった。
これは、大晦日の夜にその土地でとれた海や山のさちを神に供え、そのおさがりを食べたことの名残である。
ただし、江戸時代にも正月以外に食べられていた記述があり、室町期以降も正月料理に限定されていたというわけではないようである。
武家社会では、雑煮を「烹雑(ほうぞう)」と呼んでいた。
「烹雑」の「烹」は「煮る」の意味で、餅や野菜、海産物など雑多なものを入れて煮ることからこの名がある。
「烹雑」は「煮雑(にまぜ)」とも呼ばれ、これを反転したのが「雑煮」である。

【関連語】

赤出し(あかだし) 集め汁(あつめじる) 羹(あつもの)
安倍川餅(あべかわもち) あんころ餅(あんころもち) いちご煮(いちごに)
祝い(いわい) 外郎(ういろう) 鶉餅(うずらもち)
大晦日(おおみそか) おこわ お汁粉(おしるこ)
おせち料理(おせちりょうり) 御萩(おはぎ) 御御御付け(おみおつけ)
鏡開き(かがみびらき) 鏡餅(かがみもち) 掻き餅(かきもち)
柏餅(かしわもち) ガスパッチョ 鹿の子餅(かのこもち)
かやくご飯(かやくごはん) がん汁(がんじる) 巾着汁(きんちゃくじる)
クッパ クラムチャウダー けんちん汁(けんちんじる)
鯉濃(こいこく) 呉汁(ごじる) 小松菜(こまつな)
コンソメ サムゲタン 三平汁(さんぺいじる)
シチュー じゃっぱ汁(じゃっぱじる) 正月(しょうがつ)
汁(しる) 水団(すいとん) スープ
すき焼き(すきやき) 澄まし汁(すましじる) ずんだ餅(ずんだもち)
膳(ぜん) 善哉(ぜんざい) 船場汁(せんばじる)
せんべい汁(せんべいじる) 雑炊(ぞうすい) 大福(だいふく)
出汁(だし) 団子(だんご) チーズフォンデュ
筑前煮(ちくぜんに) 粽(ちまき) 茶節(ちゃぶし)
ちゃんこ鍋(ちゃんこなべ) 屠蘇(とそ) トムヤムクン
どんがら汁(どんがらじる) 煮染め(にしめ) 煮る(にる)
根深汁(ねぶかじる) 能平汁・濃餅汁(のっぺいじる) ヴィシソワーズ
ビスク 引っ摘み汁(ひっつみじる) ブイヤベース
ポタージュ 牡丹餅(ぼたもち) ポトフ
ボルシチ 混ぜる・交ぜる・雑ぜる(まぜる) 味噌(みそ)
ミネストローネ 睦月(むつき) 餅(もち)
料理(りょうり) 蕨餅(わらびもち)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス