造詣が深い

【意味】 造詣が深いとは、学問・芸術・技術などの分野についての深い知識や理解が優れているさま。

【造詣が深いの語源・由来】

造詣の「造」は、「ある所まで届く」「いたる」の意味を表す。
「詣」も「高い所まで行き着く」「いたる」の意味がある。
この二字を組み合わせた「造詣」は、「ある所に達する」の意味から、学問や技芸が高い水準に達していることを表すようになった。
「造詣」のみで深く達しいていることを表すが、その分野についての知識や理解の意味と解釈されたものか、「深い」を伴って「造詣が深い」と使われるようになった。

【関連語】

至る・到る(いたる) インテリ 蘊蓄・薀蓄(うんちく)
賢い(かしこい) 教養(きょうよう) 賢しい(さかしい)
聡い・敏い(さとい) スマート 通暁(つうぎょう)
届く(とどく) 博士(はかせ) 深い(ふかい)
利口(りこう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

造詣(ぞうけい)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス