象牙の塔

【意味】 象牙の塔とは、芸術を至上のものとする人々が俗世間から離れ、芸術を楽しむ静寂・孤高の境地。学者などの現実離れした研究生活や態度、研究室などの閉鎖社会。

【象牙の塔の語源・由来】

象牙の塔は、フランス語「tour d'ivoire」の訳語。
19世紀のフランスの批評家サント=ブーブが、芸術至上主義者だった詩人のビニーの態度を批評した言葉で、日本では厨川白村が紹介し、現実と掛け離れた世界を皮肉る言葉として用いられるようになった。

【関連語】

アート アウトサイダー 浮世(うきよ)
牙(きば) 極楽(ごくらく) 社会(しゃかい)
娑婆(しゃば) 生活(せいかつ) 世界(せかい)
世間(せけん) ゾウ・象(ぞう) 巷(ちまた)
塔(とう) 桃源郷(とうげんきょう) 博士(はかせ)
パラダイス ヒッピー 皮肉(ひにく)
ユートピア

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス