ぞんざい

【意味】 ぞんざいとは、いい加減なさま。粗略。言動が乱暴なさま。礼儀にかなっていないさま。無作法。

【ぞんざいの語源・由来】

ぞんざいの語源には、「そざつ(麁雑・粗雑)」の転とする説と、「存在のまま」を略した「存在」の意味とする説があるが未詳。
「ぞん」は「そ(麁・粗)」の意味と考えるのが妥当であるが、「そざつ」が変化したとは思えず、同じ語幹とだけ見る方が良いであろう。
「存在のまま」の説は「存在のまま=あるがまま」で、「あるがまま勝手にふるまう」ところから、いい加減なさまを表すようになったというものであるが、強引に意味づけされた感が強いため、あまり良い説とは言えない。
現代では「ぞんざいな口をきく」や「ぞんざいに扱う」など、形容動詞として用いられるのが一般的であるが、古くは「ぞんざいして」のようにサ変動詞としても用いられているため、この点でも「存在のまま」から変化したとするのは難しく思える。
漢字が無いため「存在」を当てることもあり、夏目漱石も「ぞんざい」に「存在」を用いているが、借字として使用されているだけで語源とは関係ない。
「ぞんざい」を強調する語には、接頭語「いけ」を加えた「いけぞんざい」がある。

【関連語】

荒い・粗い(あらい) いい加減(いいかげん) 上っ調子(うわっちょうし)
大雑把(おおざっぱ) お座成り(おざなり) おっちょこちょい
疎か(おろそか) がさつ 仮初(かりそめ)
画竜点睛を欠く 軽々しい(かるがるしい) 軽率(けいそつ)
軽薄(けいはく) 杜撰(ずさん) ズベ公(ずべこう)
ずぼら 粗悪(そあく) 粗忽(そこつ)
粗相(そそう) 粗暴(そぼう) だだくさ
だらしない 丹念(たんねん) ちゃらんぽらん
丁重・鄭重(ていちょう) 丁寧(ていねい) 適当(てきとう)
丼勘定(どんぶりかんじょう) 蔑ろ(ないがしろ) 等閑(なおざり)
投げ遣り(なげやり) 憖っか(なまじっか) 生半可(なまはんか)
ふしだら マナー 無造作(むぞうさ)
勿体無い(もったいない) 忽せ(ゆるがせ) 狼藉(ろうぜき)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス