ぞっこん

【意味】 ぞっこんとは、心の底から惚れ込んでいるさま。本気で。まったく。

【ぞっこんの語源・由来】

ぞっこんは、古くは清音で「そっこん」と言い、1603年の『日葡辞書』には「心底」の意味で「ソッコンヨリモウス」の例が見られる。
このことから、ぞっこんの語源は、「底根(そここん)」が促音化された「そっこん」が、更に濁音化して「ぞっこん」になったと考えられる。
ただし、「底根」は「底つ根」としての例は見られるが、「そここん」と読まれた例はないため、決定的な説ではない。
なお、「底つ根」の「つ」は「の」で「底の根」、つまり「地の底」の意味である。
漢字表記は「底根」と「属懇」が近世に見られるが、「属懇」は「ぞっこん」の音による当て字であろう。
ぞっこんは、「心の底から」以外に「すっかり」や「まったく」などの意味でも用いられたが、「ぞっこん惚れ込む」などと表現されることが多く、現代では主に「本気で惚れ込むさま」を表す言葉となった。

【関連語】

痘痕も靨(あばたもえくぼ) 有頂天(うちょうてん) 現を抜かす(うつつをぬかす)
上の空(うわのそら) 依怙贔屓(えこひいき) エンスー
オタク 首っ丈(くびったけ) 恋(こい)
心(こころ) しみじみ 食指が動く(しょくしがうごく)
すっかり 底(そこ) つくづく
熟々・倩々(つらつら) 虜・擒(とりこ) 懐く(なつく)
根(ね) 熱心(ねっしん) 贔屓(ひいき)
フェチ フェロモン 惚れる(ほれる)
全く(まったく) マニア 夢中(むちゅう)
メロメロ 萌え(もえ) 焼き餅(やきもち)
焼け木杭に火が付く 病膏肓に入る

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス