そうめん

【意味】 そうめんとは、小麦粉に塩水を加えてこね、油を塗って細く引き延ばして干した麺。茹でて用いる。冷やし素麺。流し素麺。

【そうめんの語源・由来】

そうめんは、中国から伝来したと考えられ、室町時代から「索麺(さうめん)」の名で文献に見られる。
「索」には縄をなう意味があり、その製法が名前の由来と思われる。
江戸時代以降、「さう」と「そう」の発音が混同されて「そうめん」とも言われるようになり、「素麺」の表記が一般化した。
そうめんの「そう」に「素」の字が当てられた由来は、麺の白さからと考えられている。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) イカ・烏賊(いか) 饂飩(うどん)
お盆(おぼん) きしめん きつねうどん・そば
グラタン 小麦(こむぎ) 塩(しお)
白(しろ) 水団(すいとん) スパゲッティ
ソバ・蕎麦(そば) たぬきうどん・そば 冷たい(つめたい)
心太(ところてん) 縄(なわ) 二八蕎麦(にはちそば)
入麺(にゅうめん) ヌードル パスタ
春雨(はるさめ) ビーフン 冷や麦・冷麦(ひやむぎ)
ペンネ ほうとう 細い(ほそい)
マカロニ 水(みず) 茹でる(ゆでる)
ラーメン ラザニア ワンタン・雲呑(わんたん)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス