卒塔婆

【意味】 卒塔婆とは、供養のために墓などに立てる細長い板。梵字や経文・戒名などが記される。板塔婆。塔婆。そとうば。

【卒塔婆の語源・由来】

卒塔婆は、「頭部」「高く顕れる」を意味するサンスクリット語「stūpa」の音写。
古代インドでは、小高く盛り上げた墓や塚を指したが、釈迦の死後は記念物的な性格を帯びるようになり、塔が建てられるようになった。
日本では、五輪塔の形を表す五つの刻みを入れた墓の脇に立てる木板を指し、インドのような建築物の卒塔婆は「塔」や「仏塔」と呼ぶ。

【関連語】

荒城・殯(あらき) 板(いた) お経(おきょう)
戒名(かいみょう) 賽の河原(さいのかわら) 三途の川(さんずのかわ)
シャリ・舎利(しゃり) 塚(つか) 寺(てら)
塔(とう) 墓(はか) パゴダ
棺・柩(ひつぎ) ピラミッド 仏(ほとけ)
骨(ほね) 冥土・冥途(めいど) 殯(もがり)
黄泉(よみ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

卒塔婆(そとば)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
卒塔婆(そとうば)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス