粗相

【意味】 粗相とは、不注意や軽率さから起こす過ち。大便や小便をもらすこと。

【粗相の語源・由来】

粗相は、仏教語の「麁相(そそう。旧かなは「そさう」)」を語源とする説がある。
「麁相」とは、人の「生・住・老・死」のことで、事物の無常な姿をとらえた「生・住・異・滅」の四相にならったもので、「麁四相」ともいう。
無常な姿を表す四相にならったものであることや、人の一生には弱い部分があふれていることから、「麁相」は軽率なさまや過ちなどの意味で使われるようになった。
意味の変化に伴ない、「麁」に大雑把や落ち度を意味する「粗」の字が当てられ、「粗相」になったと考えられている。
粗相の語源を「麁相」とする説は、特に有力とされているものではないが、他の説は見当たらず、不注意なあやまちを意味する言葉の中で、大小便を漏らす意味として使われるのは「粗相」ぐらいであることから、人の「生・住・老・死」を意味する言葉を語源と考えるのは妥当かと思われる。

【関連語】

荒い・粗い(あらい) 粗を探す(あらをさがす) いい加減(いいかげん)
迂闊(うかつ) うっかり 裏目に出る(うらめにでる)
上っ調子(うわっちょうし) うんこ 大雑把(おおざっぱ)
怠る(おこたる) お座成り(おざなり) おしっこ
おしめ 落ち度(おちど) おっちょこちょい
お転婆(おてんば) オムツ・御襁褓(おむつ) がさつ
仮初(かりそめ) 画竜点睛を欠く 軽々しい(かるがるしい)
軽率(けいそつ) 軽薄(けいはく) 弘法にも筆の誤り
しくじる 失禁(しっきん) 杜撰(ずさん)
ずぼら 粗悪(そあく) 粗忽(そこつ)
そそっかしい 粗暴(そぼう) ぞんざい
だだくさ 玉に瑕(たまにきず) 適当(てきとう)
ドジ とちる 丼勘定(どんぶりかんじょう)
等閑(なおざり) 憖っか(なまじっか) 二の舞(にのまい)
不束(ふつつか) 暴虎馮河(ぼうこひょうが) 無造作(むぞうさ)
漏らす(もらす) 油断(ゆだん) 忽せ(ゆるがせ)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

粗相(そそう)の類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス