そろばん

【意味】 そろばんとは、横長の枠に珠(たま)を数個貫いた軸を並べ、指で珠を上下させて計算する計算器。

【そろばんの語源・由来】

そろばんは、室町時代末頃に中国より日本へ伝わった。
古代中国では、数を数えることを「算」といい、数を数える盤の意味で「算盤」となった。
算盤を「そろばん」と読むのは、唐音の「ソワンパン」が訛ったとする説が有力とされ、琉球語の「スヌパン」や「スルバン」、「走盤(そうばん)」からといった説もある。
そろばんは、当て字で「十露盤」とも書かれるが、昔は「三羅盤」や「曾呂盤」など50種以上の当て字が使われていた。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

算盤(そろばん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス