染井吉野

【意味】 染井吉野とは、サクラの一種。オオシマザクラとエドヒガンとの雑種。日本の代表的な桜。

【染井吉野の語源・由来】

染井吉野は、染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が江戸時代末期に品種改良した園芸品種で、明治以降全国に広まった。
当初、奈良県山岳部の桜の名所「吉野山」にちなんで「吉野桜」と命名されていた。
しかし、吉野山の桜はヤマザクラの類で、「吉野桜」の名は誤解を招くとして、明治33年(1900年)、上野公園の桜を調査した藤野寄命博士が、「染井吉野(ソメイヨシノ)」と命名し『日本園芸雑誌』に発表した。

【関連語】

アーモンド アップル アプリコット
アンズ・杏子・杏(あんず) イチゴ・苺(いちご) イヌザクラ・犬桜(いぬざくら)
姥桜(うばざくら) ウメ・梅(うめ) 大島桜(おおしまざくら)
カイドウ・海棠(かいどう) カリン・花梨(かりん) 木・樹(き)
キイチゴ・木苺(きいちご) サクラ・桜(さくら) 桜前線(さくらぜんせん)
サクランボ サンザシ・山査子(さんざし) シャリンバイ・車輪梅
ストロベリー スモモ・李(すもも) チェリー
ナシ・梨(なし) ナナカマド・七竈(ななかまど) バクチノキ・博打の木
花・華(はな) ハマナス・浜茄子(はまなす) バラ・薔薇(ばら)
春(はる) ピーチ 彼岸桜(ひがんさくら)
ビワ・枇杷(びわ) プラム プルーン
ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご) ボケ・木瓜(ぼけ) モモ・桃(もも)
八重桜(やえざくら) 山(やま) ヤマブキ・山吹(やまぶき)
ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ) ラズベリー リンゴ・林檎(りんご)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス