素封家

【意味】 素封家とは、大金持ち。財産家。

【素封家の語源・由来】

素封は『史記』に見える語で、の「素」は、むなしい・無いの意味。
「封」は、封土・封禄の「封」で、社会的な地位や領土のこと。
つまり、素封は社会的な地位や領土はないが、諸侯にも等しい財産があることや、そのような人(民間の大金持ち)をさす。
「素封」のみでも大金持ちの人を意味するが、明治以降、「資産家」「金満家」などのように「家」を付け、大金持ちの人を「素封家」と言うようになった。

【関連語】

御曹司(おんぞうし) 金(かね) 金に糸目をつけない
豪奢(ごうしゃ) 出世(しゅっせ) 贅沢(ぜいたく)
贅を尽くす(ぜいをつくす) セレブ 大尽(だいじん)
大枚を叩く(たいまいをはたく) 玉の輿(たまのこし) 長者(ちょうじゃ)
富む(とむ) 無い(ない) 成金(なりきん)
羽振りがいい(はぶりがいい) バブル経済(けいざい) 左団扇(ひだりうちわ)
太っ腹(ふとっぱら) 空しい・虚しい(むなしい) リッチ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

素封家(そほうか)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス