袖にする

【意味】 袖にするとは、親しくしていた人、特に異性を冷淡にあしらう。おろそかにする。すげなくする。

【袖にするの語源・由来】

袖にするには以下の通り多くの説があり、正確な語源はわかっていない。
1.手に袖を入れたまま何もしないという意味から。
2.着物の袖は身頃の左右にある付属物で、その袖のように扱うことから。
3.袖を振って追い払うことから。
4.着物の袖が動くと邪魔になり、邪魔者扱いする意味から。
5.舞台の左右の端を「袖」といい、客席からは見えず主要な場所ではないことから。
6.袖は身と分かつもので、「袖を分かつ」「袂を分かつ」というように、人と別れること、関係を断つことを意味するため。
「袖にする」の同意句には、「袖にあしらう」「袖になす(なる)」がある。

【関連語】

あしらう 否む・辞む(いなむ) 忌む・斎む(いむ)
疎む(うとむ) 横柄(おうへい) 疎か(おろそか)
蚊帳の外(かやのそと) 木で鼻を括る(きではなをくくる) 着物(きもの)
敬遠(けいえん) 蹴る(ける) けんもほろろ
断る(ことわる) 拒む(こばむ) 避ける(さける)
シカト 歯牙にも掛けない 親しい(したしい)
邪魔(じゃま) 尻目に懸ける(しりめにかける) 素気無い(すげない)
素っ気無い(そっけない) そっぽを向く(そっぽをむく) 袖(そで)
袂を分かつ(たもとをわかつ) 突っ慳貪(つっけんどん) 爪弾き(つまはじき)
冷たい(つめたい) つれない 手(て)
等閑に付す(とうかんにふす) 取り付く島もない 蔑ろ(ないがしろ)
膠も無い(にべもない) 排斥(はいせき) 端(はし)
憚る(はばかる) 払う(はらう) 肘鉄(ひじてつ)
冷ややか(ひややか) 舞台(ぶたい) 振る(ふる)
ボイコット 水臭い(みずくさい) 村八分(むらはちぶ)
門前払い(もんぜんばらい) 避ける・除ける(よける) 余所余所しい(よそよそしい)
別れる・分かれる(わかれる)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス