そばの木

【意味】 そばの木とは、ブナの古名。カナメモチ(アカメモチ)の古名。

【そばの木の語源・由来】

「そば(稜)」は「とがった所」「物の角」を表す言葉で、実に尖った部分があることから、この名が付いた。
ソバの花に似た白い花が咲く木なので「そばの木」になったともいわれるが、ブナの実を「そばぐり」と呼び、「稜」が語源となっていることからこの説は考え難く、漢字表記も「蕎麦の木」より「稜の木」の方が良いであろう。
そばの木は、カナメモチの古名ともされているが、ブナの木をいうのが妥当である。

【関連語】

アカガシ・赤樫(あかがし) アカメモチ・赤芽黐 アベマキ・阿部槙(あべまき)
アラカシ・粗樫(あらかし) イチイガシ・一位樫 イヌブナ・犬仙毛欅(いぬぶな)
ウバメガシ・姥芽樫・姥目樫 ウラジロガシ・裏白樫 オーク
カシ・樫・橿(かし) カシワ・柏・槲(かしわ) 角(かど)
カナメモチ・要黐(かなめもち) 木・樹(き) クヌギ・櫟・椚・橡・櫪(くぬぎ)
クリ・栗(くり) コナラ・小楢・小枹(こなら) コルクガシ・コルク樫(がし)
シイ・椎(しい) シラカシ・白樫・白橿(しらかし) シリブカガシ・尻深樫
白(しろ) スダジイ・すだ椎(じい) 稜(そば)
ソバ・蕎麦(そば) ソバグリ・稜栗(そばぐり) ツクバネガシ・衝羽根樫
ツブラジイ・円椎(つぶらじい) 尖る(とがる) ナラ・楢・柞・枹(なら)
ナラカシワ・楢槲・楢柏 花・華(はな) ハハソ・柞(ははそ)
ブナ・山毛欅(ぶな) マテバシイ・まてば椎(しい) マロン
実(み) ミズナラ・水楢(みずなら)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス