ソテー

【意味】 ソテーとは、西洋料理の基本調理法のひとつ。野菜・肉・魚などをバターや油で焼いたり、炒めたりすること。また、その料理。

【ソテーの語源・由来】

ソテーは、フランス語からの外来語。
「飛び跳ねる」「跳ぶ」を意味する「sauter」の過去分詞が「ソテー」で、フライパンで炒めると油が跳ね上がることから言われるようになった。
また、「sauter」の語源は、「踊る」を意味するラテン語「salto」に由来する。

【関連語】

油・脂・膏(あぶら) 炙る・焙る(あぶる) 炒める(いためる)
踊り・躍り(おどり) カツ 蒲焼(かばやき)
グリル 魚(さかな) シシカバブ
ジンギスカン ステーキ スペアリブ
チキン 飛ぶ・跳ぶ(とぶ) 肉(にく)
煮る(にる) バーベキュー バター
跳ねる・撥ねる(はねる) ハンバーグ 火(ひ)
フライパン プルコギ ブロイラー
ポーク 蒸す(むす) ムニエル
焼く(やく) 茹でる(ゆでる) 料理(りょうり)
ロースト

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス