終局

【意味】 終局とは、物事の結末。特に、事件や戦争など争いごとに関して、その結末をさすことが多い。終末。終結。落着。

【終局の語源・由来】

終局は囲碁や将棋などで、打ち終わって勝負がつくことをいった語。
「局」は、囲碁・将棋などの盤や、その盤を使ってする勝負を表し、ここでは勝負ごとの意味で用いられる。

【関連語】

挙句の果て(あげくのはて) 争う(あらそう) アンカー
囲碁(いご) 一巻の終わり(いっかんのおわり) 今際の際(いまわのきわ)
大詰め(おおづめ) 大晦日(おおみそか) お仕舞い・お終い(おしまい)
お開き(おひらき) 終わり(おわり) 局面(きょくめん)
クライマックス 結局(けっきょく) けりをつける
終盤(しゅうばん) 将棋(しょうぎ) 序盤(じょばん)
殿(しんがり) 千秋楽(せんしゅうらく) 大団円(だいだんえん)
中盤(ちゅうばん) 晦・晦日(つごもり) とことん
とどのつまり トリ 盤(ばん)
ビリ 幕切れ(まくぎれ) 胸突き八丁(むなつきはっちょう)
ラスト

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス