秋波

【意味】 秋波とは、美人の涼しい目元。女性が男性の気を引くためにする媚びた目つき。流し目。色目。

【秋波の語源・由来】

元々は中国語で、秋の澄み切った水の波を意味する語。
それが、女性の涼しげな目元のたとえとなり、さらに、男性の気を引くためにする色っぽい目つきの意味となった。
この色目を使うことを「秋波を送る」というが、現在では性別、また個人・団体を問わず、媚を売る意味で用いられる。

【関連語】

秋(あき) ウインク 内股膏薬(うちまたこうやく)
送る・贈る(おくる) おべっか おべんちゃら
阿る(おもねる) 蟹眼(かいがん) がちゃ目(がちゃめ)
媚びる(こびる) 胡麻を摺る(ごまをする) サイン
仕草・仕種(しぐさ) 瞬く(しばたく) 眇(すがめ)
涼しい(すずしい) 澄む・清む(すむ) 太鼓持ち(たいこもち)
ちやほや 提灯持ち(ちょうちんもち) 瞑る(つぶる・つむる)
波(なみ) 睨む(にらむ) 僻目(ひがめ)
瞳・眸(ひとみ) 諂う・諛う(へつらう) 洞ヶ峠(ほらがとうげ)
瞬ぐ(まじろぐ) 眼(まなこ) 瞬き(まばたき)
水(みず) 味噌を擂る(みそをする) 見る(みる)
目・眼(め) 目配せ(めくばせ) 目は口ほどに物を言う
薮睨み(やぶにらみ) ヨイショ ロンパリ

【関連リンク】

「秋波を送る」の意味・由来・出典・類義語・対義語・英語表現・例文

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス