出世魚

【意味】 出世魚とは、成長するにしたがい名前の変わる魚。ボラ・スズキ・ブリ・コハダなど。

【出世魚の語源・由来】

出世魚が名前を変えて呼ばれるのは、大きさや外見・食味の変化のためである。
江戸時代まで、人は元服や出世に伴ない名前を変えたことから、魚の名前が変わることを出世に見立てて「出世魚」と呼ばれるようになった。
出世魚の名前は、「ブリ」が関東では「ワカシ」「イナダ」「ワラサ」「ブリ」、関西では「ツバス」「ハマチ」「メジロ」「ブリ」というように地方によって異称も多い。

【関連語】

イキナゴ イセゴイ・伊勢鯉(いせごい) イナ・鯔(いな)
イナダ エブナ・江鮒(えぶな) オボコ
クチメ・口女(くちめ) コッパ コノシロ・鮗(このしろ)
コハダ・小鰭(こはだ) 魚(さかな) サワラ・鰆(さわら)
ジャコ・雑魚(じゃこ) 出世(しゅっせ) スズキ・鱸(すずき)
スバシリ・州走・洲走(すばしり) ツバス トド・鯔(とど)
ナタネボラ 名前(なまえ) ナヨシ・名吉・鯔(なよし)
ハク・白(はく) ハマチ ハラブト・腹太(はらぶと)
フッコ ブリ・鰤(ぶり) ボラ・鯔・鰡(ぼら)
メジロ ワカシ ワラサ・稚鰤(わらさ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス