修羅場

【意味】 修羅場とは、戦いや争いが激しく行われる場所。しゅらじょう。

【修羅場の語源・由来】

修羅場の「修羅」は、「阿修羅」の略。
阿修羅は、仏法を守る善神である帝釈天と戦う悪神。
その阿修羅と帝釈天が場所を、仏教では「修羅場(しゅらじょう)」といい、そこから、戦いの激しい場所や血生臭いことが行われる場所を「修羅場」と言うようになった。
人形浄瑠璃や歌舞伎、講釈などでも、戦いの激しい場面を「修羅場」と言うようになり、講談では「しらば(ひらば)」などと呼ばれた。
現在では、男女間でのトラブルを表す語としても多く用いられ、「修羅場る」などと動詞化して、そのような場面になることも表すようになった。

【関連語】

阿修羅(あしゅら) 阿鼻叫喚(あびきょうかん) 危ない(あぶない)
争う(あらそう) 戦・軍(いくさ) 諍い(いさかい)
いざこざ 一大事(いちだいじ) 歌舞伎(かぶき)
神(かみ) 危機一髪(ききいっぱつ) 局面(きょくめん)
険しい(けわしい) 喧嘩(けんか) 剣が峰(けんがみね)
ごたごた 骨肉相食む(こつにくあいはむ) 正念場(しょうねんば)
浄瑠璃(じょうるり) スリル 絶体絶命(ぜったいぜつめい)
鬩ぐ(せめぐ) 戦い・闘い(たたかい) 血みどろ(ちみどろ)
角突き合い(つのつきあい) 鍔迫り合い(つばぜりあい) 天王山(てんのうざん)
テンパる トラブル 激しい・烈しい(はげしい)
パニック ピンチ 物騒(ぶっそう)
身の毛もよだつ 竜虎相搏つ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

修羅場(しゅらば)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス