シュモクザメ

【意味】 シュモクザメとは、シュモクザメ科の海魚の総称。頭部は左右に張り出した丁字形で、その両端に目がある。かせぶか。

【シュモクザメの語源・由来】

シュモクザメの「シュモク(撞木)」とは、鐘や鉦を打ち鳴らす丁字形をした仏具。
シュモクザメの頭部が丁字形で、撞木に似ているところからこの名がついた。
シュモクザメの別名「かせぶか」の「かせ」は、紡いだ糸を巻き取るH字形の「かせ(綛)」のことで、「シュモク(撞木)」と同様の命名。
なお、「かせぶか」の「ぶか」は、大形のサメの俗称「フカ(鱶)」の連濁である。

【関連語】

アイザメ・藍鮫(あいざめ) アオザメ・青鮫(あおざめ) 頭(あたま)
アブラツノザメ・油角鮫 ウバザメ・姥鮫(うばざめ) エイ・海鷂魚(えい)
オナガザメ・尾長鮫 カグラザメ・神楽鮫(かぐらざめ) カスザメ・糟鮫(かすざめ)
綛(かせ) 鐘・鉦(かね) ギンザメ・銀鮫(ぎんざめ)
コバンザメ・小判鮫(こばんざめ) サカタザメ・坂田鮫(さかたざめ) 魚(さかな)
サメ・鮫(さめ) 撞木(しゅもく) ジンベイザメ・甚平鮫
チョウザメ・蝶鮫(ちょうざめ) ドチザメ・奴智鮫(どちざめ) ナヌカザメ・七日鮫
ネコザメ・猫鮫(ねこざめ) ネズミザメ・鼠鮫(ねずみざめ) ノコギリザメ・鋸鮫
フカ・鱶(ふか) フカヒレ・鱶鰭(ふかひれ) ホオジロザメ・頬白鮫
ホシザメ・星鮫(ほしざめ) ミツクリザメ・箕作鮫 メジロザメ・目白鮫
ヨシキリザメ・葦切鮫

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス