しょうがない・しょうもない

【意味】 しょうがないとは、他に良い手段がない。やむを得ない。
しょうもないとは、つまらない。くだらない。

【しょうがない・しょうもないの語源・由来】

しょうがないは、本来「仕様がない(しようがない)」と書く。
「仕」は当て字で、動詞「為る(する)」の連用形「し」。
「仕様」は「するさま」のことで、方法や手段を意味した。
しょうがないは「手段や方法さえもない」という意味で使われていたが、手段がないことから諦めの意味として使われるようになった。
しょうもないも「仕様」からなる言葉で、手段や方法がないことを行おうとしたり、考えたりするのは無駄なことなので、「つまらない」を意味するようになった。
江戸時代以降には、当て字で「性もない」と書かれた例もある。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス