正面を切る

【意味】 正面を切るとは、相手とまっすぐ向かって対する。改まった態度をとる。遠慮せず、直接はっきりと行う。堂々とする。

【正面を切るの語源・由来】

正面を切るは、歌舞伎用語からとする説が有力である。
歌舞伎では、客席(正面)を向いて見得を切ることを「面(おもて)を切る」や「向かふ(むかふ)を切る」といい、「正面を切る」も同様の表現と考えられる。
客に対してまっすぐ向かい見得を切るところから、相手に面と向かって対する意味や、堂々とした行動をいうようになったのであろう。
歌舞伎や能で「切る」は、目立つ表情や動作をする意味で用いられる。

【関連語】

潔い(いさぎよい) 表(おもて) 歌舞伎(かぶき)
毅然(きぜん) 客(きゃく) 切る・斬る・伐る(きる)
ストレート ダイレクト 堂々(どうどう)
能(のう) 真っ直ぐ(まっすぐ) 向かう(むかう)
立派(りっぱ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス