正月

【意味】 正月とは、一年の最初の月。一月。特に、年頭の祝いをする三が日から松の内(元日から七日、もしくは一五日まで)までをさす。お正月。

【正月の語源・由来】

正月の語源は、事物の起源や語源・語義を解説した室町中期の類書「あいのうしょう」の説が有力とされる。
それには、「政治に専念した秦の始皇帝の降誕の月をセイグヮツ(政月)と言っていたものが、正月と書かれるようになり、シャウグヮツと改められた」とある(正月の旧かなは、「シャウグヮツ」)。
行事としての正月は、歳神様を迎え、その年の豊作を祈る「神祭り」に由来するといわれる。

【関連語】

新しい(あたらしい) 祝い(いわい) 干支(えと)
大晦日(おおみそか) お歳暮(おせいぼ) おせち料理(おせちりょうり)
お年玉(おとしだま) お盆(おぼん) 御神籤(おみくじ)
おめでとう 鏡開き(かがみびらき) 鏡餅(かがみもち)
懸けの魚(かけのうお) 門松(かどまつ) 神(かみ)
カレンダー 元日(がんじつ) ガンジツソウ・元日草
元旦(がんたん) 菊の節句(きくのせっく) ゴールデンウィーク
小正月(こしょうがつ) 今年(ことし) コトブキグサ・寿草
暦(こよみ) 左義長(さぎちょう) シーズン
注連縄(しめなわ) 松竹梅(しょうちくばい) 除夜の鐘(じょやのかね)
セゾン 節句(せっく) 節分(せつぶん)
雑煮(ぞうに) ダイダイ・橙(だいだい) 七夕(たなばた)
端午の節句(たんごのせっく) 一日・朔日・朔(ついたち) ツイタチソウ・朔日草
月(つき) 晦・晦日(つごもり) 時(とき)
年・歳(とし) 屠蘇(とそ) 寅・寅年(とら・とらどし)
どんと焼き・どんど焼き 七草粥(ななくさがゆ) 年賀状(ねんがじょう)
羽子板(はごいた) 初詣(はつもうで) 破魔矢(はまや)
ひな祭り(ひなまつり) フクジュソウ・福寿草 ブリ・鰤(ぶり)
ポチ袋(ぽちぶくろ) 祭り(まつり) 水引(みずひき)
睦月(むつき) めでたい 餅(もち)
桃の節句(もものせっく)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス