舎利

【意味】 舎利とは、遺骨。特に仏や聖者の遺骨。仏舎利(ぶっしゃり)。さり。白い米粒。白飯。銀シャリ。

【舎利の語源・由来】

舎利は、「遺骨」「死骸」「身体」を意味するサンスクリット語「sarira」の音写。
塔に舎利(実際には舎利を象徴するもの)を納めて供養し、信仰の対象とされた。
すし屋などで、米や白飯を言う「シャリ」は、色や形が火葬したあとに残る粒状の骨と似ていることから呼ばれるようになったものだが、サンスクリット語で「米」を意味する「sari」を語源とする説があり、色や形の説は間違いとされることがある。
中国の唐代から見られる例では、サンスクリット語で「米」を意味する「sari」が「遺骨」の「舎利(sarira)」と混同され、「米粒」を「舎利」と呼ぶようになっているが、「遺骨」と「骨」の形、発音が似ていることからの混同で、「sari」だけで生じたものではない。
日本では、空海の『秘蔵記』にある「天竺呼米粒為舎利。仏舎利亦似米粒。是故曰舎利。」が有名であるが、これも中国で遺骨の「舎利」と米粒の「シャリ」が結び付けられていたことに基づくもので、サンスクリット語の「米」が語源という訳ではない。
また、日本で米粒を「舎利」と呼ぶようになったのは近世以降であるから、中国で混同された語の影響自体も無く、日本は日本で形や色から「仏舎利」に喩えられた別物と考える方が妥当である。

【関連語】

あがり(お茶) 洗い(あらい) 荒城・殯(あらき)
飯鮨・飯寿司(いいずし・いずし) 飯無し鮨(いいなしずし) 一夜鮨(いちやずし)
稲荷寿司(いなりずし) イネ・稲(いね) 色(いろ)
卯の花寿司(うのはなずし) 江戸前(えどまえ) 恵方巻き(えほうまき)
大阪鮨(おおさかずし) おこわ お造り(おつくり)
おにぎり おむすび 骸骨(がいこつ)
戒名(かいみょう) 形(かたち) かっぱ巻き(かっぱまき)
体(からだ) ガリ 銀(ぎん)
腐り鮨(くさりずし) 軍艦巻き(ぐんかんまき) ゲソ・下足(げそ)
毛抜き鮨(けぬきずし) 甲が舎利になる 杮寿司(こけらずし)
御飯(ごはん) 米(こめ) 刺身(さしみ)
賽の河原(さいのかわら) 三途の川(さんずのかわ) 死ぬ(しぬ)
信太寿司(しのだずし) 髑髏(しゃれこうべ) 白(しろ)
新米(しんまい) 助六寿司(すけろくずし) 寿司・鮨・鮓(すし)
雀鮨・雀寿司(すずめずし) 卒塔婆(そとば) タタキ
散らし寿司(ちらしずし) 粒(つぶ) 釣瓶鮨(つるべずし)
鉄火巻き(てっかまき) 塔(とう) ドクロ・髑髏(どくろ)
土左衛門(どざえもん) トロ 馴れ寿司・熟れ鮨(なれずし)
喉仏(のどぼとけ) 墓(はか) バッテラ
棺・柩(ひつぎ) 葬る(ほうむる) 仏(ほとけ)
骨(ほね) ミイラ ムラサキ・紫(むらさき)
冥土・冥途(めいど) 飯(めし) 目張り寿司(めはりずし)
殯(もがり) 弥助鮨(やすけずし) 黄泉(よみ)
ライス

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス